登録販売者を知る

現在、人気がある資格の一つとして知られているのが登録販売者です。この資格を持っていることで、薬局やドラッグストアで一般用医薬品を販売することができます。

鎮痛剤やかぜ薬はこの一般医薬品にくくられていて、もともとは薬剤師の領域の中の一つです。なぜ、かぜ薬などをはじめとした一般用医薬品の販売に有資格が必要かというと、薬を正しく摂取できるように説明をしなければいけないからです。しかし、薬剤師になる道は険しいことやドラッグストアの数が増えたことで薬剤師の数が足りなくなってきました。

このため、2009年に薬事法が改正され、薬剤師の役割を一部担うことができるこの登録販売者という資格がうまれました。登録販売者は、国家資格です。しかし、薬剤師よりも勉強にかかる費用や期間が少ないため、比較的資格の取得がしやすくなっています。

資格受験者の多くは、大型スーパーやドラッグストアに勤めている人が多く、この業種の雇用者からしても、登録販売者の資格を持っていることで一般医薬品の販売ができることや販売者の確保ができるため、有資格者は魅力的な人材でしょう。また、登録販売者の資格は国家資格のため、資格手当を支給する会社もあります。ニーズが多く、優遇されるため、登録販売者の資格は多くの人が関心を持っています。また、受験に必要な要件もなくなったため、さらに受験がしやすい国家資格となりました。資格を持っていることで、仕事先は選びやすくなります。この機会に、登録販売者資格について触れてみてはいかがでしょうか?